« この人(達)には勝てない | トップページ | 準備完了♪ »

2008年11月11日 (火)

エアインジェクション殺し

はい、本日の更新DEATHcatface

今日は久しぶりにCBR600RRのネタでも・・・

先日、故障したスピードメーターの故障で入院した愛機CBR600RRなんですが・・・なんとか保障内の無償交換となりましたhappy02
(本当に良かったcoldsweats01)
晴れて今週末に退院予定ですnote

メーター交換で入院してる間にO2センサー取り付けのエキパイ加工もやってる最中でして、現状の我が愛機はかなり無残な姿になっておりますbearing

で、メーター交換&エキパイ加工が完了した段階でまたパワーチェックに行く予定なのですが、11/3&11/4の更新で書きましたエアインジェクションシステムを正確な空燃費計測の為に殺す事にしましたgood

例の如くグッチ君に作業をお願いしたのですが、エアインジェクションを殺すにはエアクリボックスを開けなきゃなりません。
手際良くカウルやタンクカバーを外してもらいエアクリボックス、ご開帳shine
Image011
画像の上側がシート方向 下側がハンドル方向

エアクリボックスを開けると虫の死骸が出てくるとよく耳にしますが我が愛機も例にもれず、お亡くなりになられた蜂が出てきましたsweat02

画像に見えるファンネルの右側・・・
Image012
これがエアインジェクションシステムの空気を取り入れるトコです。
この場所に空気が入らない様にフタをしても良いらしいのですが、グッチ君は「万が一フタが外れてファンネルの中に入ってしまったら・・・」って事を考えてくれているのだと思います・・・エアクリボックスに刺さっているホースの方に詰め物をする方法を選択してくれましたshine

ここからさらにファンネル等を外し、エアクリボックス自体を持ち上げます。
(百戦錬磨のグッチ君でもかなり強引に力を入れて外していたので、結構大変な作業っぽい)
持ち上げたエアクリボックスの下にエアインジェクションのゴムホースが刺さっているのでそれを外します。
Image013

ここに詰物を入れるわけですが、ここでもグッチ君お得意のワンオフパーツ作成。
ゴム板を削り出して
Image015
ホース計にぴったりのゴム栓を作ってくれましたshine
これをホースの中に押し込み、あとは元通りに組み上げると作業完了。

これで、マフラー内の空燃費も正確に計測出来る様になったハズです。
この作業のもう一つのメリットとしてはマフラー内の酸素の量が減るのでアクセルパーシャル時のアフターファイアも減るハズです。

いま何位?な人気ブログランキング

|

« この人(達)には勝てない | トップページ | 準備完了♪ »

CBR600RR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519760/43085476

この記事へのトラックバック一覧です: エアインジェクション殺し:

« この人(達)には勝てない | トップページ | 準備完了♪ »