« あいつが帰ってくる! | トップページ | 祭りじゃ 祭りじゃ »

2010年8月 7日 (土)

DCTに乗ってきた!

はい、本日の更新DEATH catface

日付が変わったばかりですが、昨日バイパスホンダさんにて

Dvc00225
VFR1200F DCT

を試乗させてもらいましたflair

当然

Dvc00227
クラッチレバーも




Dvc00226
チェンジペダルも

付いていない正真正銘のDCTsign03

乗った感想は「スゲーッsign03」の一言ですsign01
このフィーリングのインパクトは凄いsign01 例えるなら天龍にDDTをくらった時に脳天に走る衝撃くらい凄いsign03

エンジンをかけ、ドライブモードにスイッチを入れ、アクセルを捻るだけで走りだす。
車速の上昇と共にシフトアップするのですが、ギアが切り替わるラグがほぼ皆無なので、のんびり走っているだけなのに凄くスポーティnote
超ダイレクトにギアが繋がるので運転が上手くなった気になってしまうhappy02

スポーツモードで走るとシッカリと高回転域まで使ってくれるし、マニュアルモードでシフト操作してもとても気持ちいいshine

これはお金があったら絶対に買ってしまうッsweat01
エンジンも流石1200ccだけあってトルクの塊だし、スペック上での車重を感じさせないくらいにヒラヒラとバイクが動くshine

こんなバイクでツーリング出来たら笑いが止まらんですわbearing


このDCTがCBR1000&600RRに搭載されようものなら間違いなく乗り換えてしまいますねsweat01

ただ、まだまだスーパースポーツに載せるのは難しいのかなぁ…sweat02
信号停車時なんかに顕著に判るのですが、停車ギリギリまでクラッチが繋がっているんですよ。 
だから、停車寸前からアクセルを捻ればスッと再度走りだす。
絶妙なクラッチの電子制御と下から粘りのある1200ccV4エンジンのなせる技ってトコでしょうかthink

これがスーパースポーツだと極低速域のトルクの細さが問題になりそう・・・ 停車寸前から再発進するには半クラの制御をもっと緻密にしないとエンジンが止まりそうな感じ?
さらなる技術革新で是非ともスーパースポーツにDCTを載せてもらいたいものですbearing

とにかく凄く楽しいVFR1200F DCTなのですが、TRUE的にもうひとつだけ欲しい機能が… このVFRに「ラーニングモード」があればさらに楽しくなりそうshine

もしかしたら似た様な機能は実装されているのかも知れませんが、TRUEが考えるラーニングモードとは

ラーニングモードでシフトは強制マニュアル操作
当然、シフト操作はライダー自身がしなきゃいけない

このモードで

コンピュータに車速・アクセル開度・加減速に対するシフトの上げ下げのタイミングをモニタリングさせ、自己学習させる

こういったオーナーの癖を学ばせるモードを実装すれば、さらに思いのままのライディング… 人馬一体と感じるフィーリングが出るのではないかと思いました。

実際、通常のDモードで車の流れに沿って走る時にちょっとだけシフトアップのタイミングが早いと感じちゃいました。
ま、これがマイナス要因になるかと言えば全然そんな事はないのですが・・・sweat02

最近はCBR600RRでツーリングするのはちょいと苦痛になってきているのですが、このVFR1200F DCTならばどこまでも行けそうな気がしますshine

ぶっちゃけ・・・


超ほしいぃぃぃぃぃぃぃッ!!



ま、絶対に買えませんけどねsweat02

ダイエット途中経過

スタート時の体重 67.9kg

現在の体重  67.0kg

人気ブログランキング
体重が減っていくあかつきにはこちらもポチポチお願いしますbearing
人気ブログランキングへ
↑是非、クリックをsign01

|

« あいつが帰ってくる! | トップページ | 祭りじゃ 祭りじゃ »

HONDA」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

ほうpaper
試乗に行かなきゃsweat01

投稿: そめ | 2010年8月 7日 (土) 14時49分

乗ってきました。
昼間&軽装だったから足元がハンパなく熱かった。
左足と左手が無意識で動いてしまう・・・

投稿: G悪 | 2010年8月 7日 (土) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あいつが帰ってくる! | トップページ | 祭りじゃ 祭りじゃ »