レース

2010年1月13日 (水)

今シーズンも熱い!!

はい、本日の更新DEATHcatface

昨晩から降っている雪のおかげでTRUEの自宅も

Dsc00105

この有様ですsnow

まだまだ寒い日は続きそうですが今日はちょっとホットな話題を・・・
ホットな話題って言っても熱い話題なのですが昨日、オートポリスのライセンス所得の事を書いたのですが、オートポリスは走るだけじゃないですよねflair
やはりレース観戦shine サーキットに行くとどうしても自らが走りたくなるのですが、2輪4輪問わずにプロレーサーのガチバトルを見るのもやっぱり熱いですsign03

で、今年のオートポリスのレースカレンダーを見ると…

Aps
5/22~23
九州モーターサイクルフェスタ2010
FIM アジアンGP&全日本ロードレース選手権 第2戦

今年も小西選手の応援にdashと思っているのですが、今年の小西選手の参戦クラスは新設されるJ-GP2 sign03

このJ-GP2クラス…レギュレーションを見るとかなり熱そうsign03
ちょっと長くなりますが、J-GP2のレギュレーション概要↓




■全日本ロードレース選手権 新規カテゴリー「J-GP2クラス」の設立について

2010年より全日本ロードレース選手権に新カテゴリー「J-GP2クラス」を設けることになりました。
このクラスは、ST600の参加が増加し、内容もレベルアップするにつれ、上位者の固定化し、新規参入が困難となっている状況を緩和する目的に上位者のステップアップクラスの位置づけとして、また、将来的に世界選手権Moto2クラスへ通じ、世界との連携および若手選手のステップアップの道筋を確立することを目的とするとともに、コンストラクターのビジネス機会創出とすべくST600からの改造車両もデチューン版Moto2マシンも参戦できるクラスとなります。

< 参加車両 >
4ストローク600?エンジンを搭載し、外装およびフレーム関連は、GPフォーミュラの技術仕様をベース
にST600フレーム改造車両と新作フレームに600ccエンジン搭載車両が参加するクラス構成となります。
詳しくは、2010国内競技規則書(12月25日発行)をご確認ください。ン版Moto2マシンも参戦できるクラスとなります。

1 ST600のフレームをベースに改造 最低車両重量 148kg
2 新作フレーム車両 最低車両重量 153kg

< 参加資格と参加制限 >
ロードレース国際ライセンス所持者のフリーエントリー

< タイトルと大会会場 >
全日本選手権のシリーズタイトルを賭け、全6戦にて開催する。
開催会場 R1 筑波、R2鈴鹿、R3オートポリス、R4 SUGO、R6 もてぎ、R7 MFJGP鈴鹿※
 ※ 最終戦は、第6戦までのポイント取得者

< 競技の運営方法 >
主催者が単独開催または、JSB1000クラスとの混走を決定し、その予選、決勝の運用方法は、公式通知にて公示される。
単独開催にて予選が行われる場合は、予選回数1回、最低時間20分以上とする。

<賞典とシリーズポイント>
J-GP2クラスは、決勝レースの形態(単独・混走)にかかわらず、J-GP2の決勝結果に基づいてポイント
が付与される。ただし、予選出走台数が1台の場合は、シリーズポイントは付与されない。




早い話、

ST600のマシンの改造の幅を広げて走らせちゃうぞ

って感じ?

しかも、開催レースによってはJSB1000との混走もありえるときたもんだflair

これは熱いッsign03

CBR600RR乗りのTRUEとしては各メーカー・各チームがどの様なチューニングを施してくるか楽しみnote
おまけに新設クラスという事もありマシン作りの方向性なんかも暗中模索になり、昨年のF1グランプリ同様、どこが勝つのかわからないレースになるのではないのかと…

う~ん… ワクワクする~note

もうひとつの楽しみが併催されるアジアンGPsign03

去年もオートポリスでの全日本ロードレース選手権と併催されたのですが、このアジアンGPも熱い

なかでも下位クラスのUB115(アンダーボーン115)
東南アジア地域の若手ライダーの登竜門的なレースの様ですが、このレースが凄まじく熱いsign03
非力なマシンでオートポリスの様な高速サーキットでレースをするもんだからスリップストリームの奪いあいsign03

レース序盤の2~3周は全車がダンゴ状態で走るもんだからホームストレートを駆け抜ける様は上から見ると巨大な龍がうねっている様に見えますsign03
↓ 2009年度のUB115決勝レース

今年も是非、2日間共観戦に行きたいものですcatface

| | コメント (0)

2009年9月18日 (金)

イメージトレーニング

はい、本日の更新DEATHcatface

TRUEの2009年一番のビッグイベント

鈴鹿サーキット走行会

まで2ヶ月をきりましたが、走行会を前に体温が2~3度上がってしまう様な商品が10/17に発売される様です。

Suzuka8h_2
2009年鈴鹿8時間耐久ロードレース オフィシャルDVD

今年の8耐はホンダリアンなTRUE的にちょっと面白くないヨシムラスズキの優勝で終わったレースでしたが、当然知っているのは結果だけでどんなバトルが繰り広げられていたのかは・・・

イメージトレーニングを兼ねて買ってみようかなcatface

| | コメント (4)

2009年7月28日 (火)

やっぱイイわぁ♪

はい、本日の更新DEATHcatface

昨日、早々と予約を入れていた商品が手元に届きましたshine

Sany0057
全日本ロードレース選手権
        第3戦 オートポリス

去る、5/24バイパスホンダさんのバスツアー(?)で生で観戦したレースのDVDが届きましたdash

やっぱ、オートポリスは熱いわぁhappy02 コースが超ダイナミックshine
地元贔屓な目で見てるからかも知れないけど、鈴鹿にも負けず劣らずのレイアウトではないでしょうか?

運転が下手なのはわかっているけどどうしてもオートポリスをバイクで走ってみたいsign01

これはいやがおうでもバイパスホンダさんにオートポリス走行会かコースライセンス取得ツアーを企画してもらいたいものですbearing

ブログランキング参戦中
バシバシ、クリックしていただけると嬉しいですconfident

| | コメント (0)

2009年6月 1日 (月)

録画出来ねぇ…

はい、本日の更新DEATHcatface

先日、行ってきたオートポリスでの全日本ロードレースflair
本日、CS放送のGAORAにて放送があるらしいeye 放送は

6月1日 (月) 20:00~22:00
6月3日 (水) 23:30~深夜1:30
6月7日 (日) 16:00~18:00

の3回flair
TRUEは部屋にケーブルテレビを引き込んでいるので見れる環境はあるし、今日の夜の放送を見逃しても他の日はなんとかなりそうnote

せっかく現地で見たレースなので録画して保存したかったのですが、よくよく考えたらTRUEの部屋にはビデオやDVDの録画環境がない…down
正確に言うとHDD内蔵のプラズマテレビを使っているので地上波は録画出来るのですが、外部入力の映像などは録画出来ない…downdowndown 

誰か、CSをDVD録画出来る方がいらっしゃいましたら是非お願いしますsweat01

ブログランキングshineクリックをお願いします

| | コメント (6)

2009年5月29日 (金)

コニーの勇志!!

はい、本日2度目の更新DEATHcatface

YOUTUBEで我らがコニーの勇姿を発見sign03
野田弘樹選手のオンボードカメラみたいですcatface

つ~か、バンク角深ぇぇぇwobbly

勝手にLINKを貼ってしまったけど良かったかな…sweat02

ブログランキングshineクリックをお願いします

| | コメント (6)

2009年5月25日 (月)

アジアングランプリ UB115決勝

はい、本日2度目の更新DEATHcatface

熱い熱いと言っています

アジアングランプリ UB115

動画撮影したファイルがありましたので繋げてみましたgood

手ブレがヒドいのはご勘弁を…sweat02

この動画のLINK・・・皆さんのブログなんかにも貼ってもらえると嬉しいですconfident
日本で人気が出れば来年も来てくれるかも知れないしnote

ブログランキングshineポチっとお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

熱かった2日間

はい、本日の更新DEATHcatface

23日・24日と全日本ロードレース選手権へ行ってきましたdash

23日は予選のタイムアタックを見たくて行ってみたのですが、やっぱりプロライダーの本気のタイムアタックは鬼気迫るモノがありますねhappy02
1コーナーの飛び込みなんかを見ていたのですが、まさに鬼の突っ込みでしたsweat01

予選結果や決勝結果はいろんなとこで情報が出ているでしょうからTRUEが書くまでもないのですが、今回思わぬ収穫が…

全日本ロードレース選手権と併催された
アジアングランプリ第2戦(開催クラス:SS600・UB115)
日本初上陸のレースだった様で、23日・24日の両日に決勝レースがあったのですが、このレース…メチャメチャ熱いですsign03

初上陸だけあって詳しいレギュレーションなんかはわからないのですが、UB115(アンダーボーン115って言うらしい)
Img_1363
多分、タイやマレーシアなどで販売されている4スト115ccのバイクを排気量アップして150ccにしているみたいなのですが、このレースが熱い熱いsign03

小排気量でマシンの性能差があまりないのでストレートではスリップストリームがかなり効果的なんでしょうねflair
とにかくスリップストリームの奪い合いsign03
少しでも空気抵抗を減らす為に、ライダーは頭をハンドルよりも低い位置に下げ、真下を見ているしsign01(時々、ピョコっと頭を上げて前方を確認していた)
前を走っているバイクは後続車にスリップにつかれない様にマシンを左右に振るし、後続は前車についていく形で左右に振る

誰のスリップに入るか…
どのタイミングで横に出るか…
相手に並ばれないようにどう牽制するか…


最終コーナーは一列で脱出してくるのにスリップのおかげで前に追いつくもんだから1コーナーはダンゴ状態での飛び込みdash
とにかくストレートでの駆け引きが熱いですshine

文章で表すのはとても難しいのだけどレースを見れば一目瞭然eye
アジアングランプリ・・・来年も来るならば絶対に見に行きたいですbearing

そしてもうひとつのカテゴリのSS600
Img_1416
Img_1417

このレースも熱かったsign03
レギュレーションの関係でマシンの性能差があるのか同じ600SSのマシンを使っていても全日本のST600のラップタイムより2秒くらい遅いのですが、ライダーの気合は全日本にひけを取りません。

資料がなくてライダーの名前を忘れてしまったのですが2日目の決勝で優勝したライダーsign03
この人の走りがメチャメチャかっこ良いいsign03

レース中も目の前で1コーナーへの進入スライドを毎周毎周見せてくれるもんだから

カッコいいぃぃぃ

うぉぉぉぉぉぉ

熱ぃぃぃぃぃぃ


って感じで、いい歳したオッサンのテンションも上がりっぱなしで叫びっぱなしでした

マジで巨摩 郡のライディングですよ

バトル中、1コーナーへインを差しながら、オーバースピード気味に飛び込むdash
普通に考えたら厳しいラインなのでアウト側にはらんでいきそうなトコなのに、リアをスライドさせながら向きを変え、クリップを舐めて立ち上がりラインに乗せるshine

カッコ良過ぎですshine

今回、バイパスホンダさんの観戦ツアーのメインイベントであったST600の小西 良輝選手は残念な結果に終わってしまったのですが、ST600もJSB1000もスゴかったですflair
Img_1355
Img_1353
ST600マシンの突っ込みやJSB1000の立ち上がりの迫力を見せつけられると、体中がシビレますshine
あぁぁぁ!!
マジでオートポリス走りてぇぇぇ!!
この二日、オートポリスでレース観戦して思ったsign01
サーキットで華やかな舞台に立つ
人々の熱い視線・一瞬のチャンスを逃さないように何十台ものカメラを一斉に向けられる
本当に男のロマンがあります・・・もし生まれ変われるなら
Img_1374
女性に生まれてキャンギャルになりたいheart02
違うかッ!

ポチっとお願いします

| | コメント (2)

2008年9月17日 (水)

男の戰い

この間の日曜日のF1グランプリ・・・見た方は知っているかと思いますが・・・

1位 S.ベッテル(トロロッソ) 1:26:47.494
2位 H.コバライネン(マクラーレン) +12.512
3位 R.クビツァ(BMWザウバー) +20.471

『トロロッソ?』と思われる方もいると思いますが、エンジンこそフェラーリから供給を受けているがイタリアのプライベーターチームです。
チームオーナーはかつて故アイルトン・セナ氏とマクラーレン・ホンダでコンビを組んでいたゲルハルト・ベルガー氏。

予選・決勝ともに雨に助けられたと言う事実があるとは言え、これは凄いsign03
(イメージ的にスーパーアグリが優勝するような感じ?)
しかもポールトゥウィンshineshineshine 特別、応援しているチームではないのですが
おめでとうございますsign03
と言わせていただきたいですねhappy01

しかし、最近のF1グランプリ・・・昔に比べて面白くないと思うのはTRUEだけ?
2008年シリーズもフジテレビの放送は欠かさず見ているのだけど、レース終了まで観戦したのは先日のレースが今期初めてsweat01・・・他のレースは全て寝落ちしてしまいましたsweat02
(だって、レースに動きがないから単調で眠くなってしまう・・・coldsweats01)

近年のF1グランプリはピット戦略でのオーバーテイクばかり・・・コース上でサイドバイサイドからのオーバーテイクは滅多にお目にかかれない。

最近の若い人達は知らないかもしれませんが、90年代前半はコース上のバトルが熱かったsign01
なかでもTRUEの思い出に残るベストレースと言えば、1992年のモナコGPsign03

アイルトン・セナ(マクラーレン・ホンダ)とナイジェル・マンセル(ウィリアムズ・ルノー)のレース終盤のデッドヒートsign01
前戦までで開幕5連勝を達成し、このモナコでも誰もがマンセルのポールトゥウィンで決まったなと思ったレース終盤・・・
マンセル、突然謎のピットイン&タイヤ交換sign01 コースに戻って見ればセナが前にsign02
もう2度と見ること事のない伝説のドッグファイト&ドラマの始まりsign03

前年度のワールドチャンプに振られるブルーフラッグsign01(後続に速い車が来ているから進路を譲りなさいって意味の旗)
セナとしては屈辱だったに違いない(TRUEの記憶にある限りトップで走っているマシンにブルーフラッグが振られたのはこのレースだけ)
でも、譲らないsign01 当然、トップを走っているのだから譲る訳がないsign03
ほとんどのコーナーのアプローチで右から左からプレッシャーをかけるマンセルsign01
どうしてもモナコでの勝ちが欲しいマンセルとシーズン初優勝&ストップ ザ ウィリアムズ成し遂げたいセナの男と男の戦いshine
TRUEはこの時マンセルを応援してた(『お前、ホンダ贔屓じゃなかったのか~w』ってツッコミはなしでsweat01)
結果、凄まじいバトルを制したのはセナsign01
マシンを降りる歓喜のセナとセナを迎えるマクラーレン・ホンダのスタッフshine
この時、マンセルを応援していたはずのTRUE少年の目に涙が流れたのは今でも覚えています・・・

バイクのレースは抜きつ抜かれのドッグファイトが見ものなんだけど、日本ではレースの中継がないので見る機会も少ない・・・
H先生からはWebでSBKのレースが見れるからって教えてもらったが、Web画質ではどうも見る気になれないんだよな・・・

まぁ、4輪にしてもバイクにしても見るより実際に乗ってる方が楽しいですよねnote

抜きつ抜かれつのランキングは・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

祝 優勝!!

先日のブログで間違いをしてましたsweat01

鈴鹿の8耐の予選では F.C.C.TSR Hondaの伊藤真一選手が見事PPをゲットしていましたsign03

肝心の決勝ですが・・・我が家にはケーブルテレビはあってもスカパーは無い為、テレビ観戦すら出来ずに某巨大掲示板やニュースサイトで情報を仕入れるしかなかった・・・
しかし、HRCワークスが見事優勝!!
昨年のリベンジを見事果たせたようだscissors
8月に入ったら地上波でもレースのハイライト放送がある様なので見逃さないようにせねばhappy02

話は変わって・・・
9月に富士スピードウェイに走りにいくのだが、自分的には富士スピードウェイより鈴鹿を走ってみたいと言う願望の方が強いsign03
確かに富士スピードウェイのホームストレートを全開で駆け抜けるのも魅力だが、鈴鹿のチャレンジングなコースも是非攻め込んでみたいheart01

去年の今頃は夜な夜なサーキットでレースをしていたのですがね・・・といってもゲーム機のXBOX360用ソフト「FORZA MOTERSPORTS 2」ってゲームの話なんだけどsweat02
ゲームの中であれだけ難しいコースなのだから実際に走ってみると・・・考えるだけで変なアドレナリンが出てきそうですわcatface

2輪でも4輪でも良いから鈴鹿を走ってみたいッsign03
ただ、九州から行くとなるといろいろと課題が多いですわcoldsweats01

人気ブログランキングへエントリー中catface

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

明日は

年に一度の真夏の祭典 鈴鹿8耐決勝flair

昨日までの予選結果を見ていると我らがホンダはいまひとつ良い結果が出てないようだ。
新型のCBR1000RRになっての初めての8耐だから、まだ様子見の段階と信じたいが・・・
明日の決勝では表彰台の真ん中に立ってくれるハズだpunch

しかしプロライダーって人種は改めてすごいと思う。
この暑さの中、ヘルメットにレザースーツのフル装備で鈴鹿を全開で何時間も走るのだから。

最近、自分も走る時はレザースーツを着て走ったりしてるのだけど、ツーリングペースでも小一時間走り回っただけでインナースーツの下は汗でびしょびしょsweat01
トランクスも絞れば汗がしたたり落ちるのではないかといった感じで濡れてる。
とてもじゃないがぶっ通し…しかも全開でサーキットを走るなんて・・・
でも再来週は初のサーキット走行会catface
午前中の走行とは言え、晴れたら気温はかるく30℃は超えるだろう・・・
学生頃は4輪のシビックでサーキットを走っていたが、4輪でも真夏のサーキット走行は30分くらいでバテバテになっていた記憶が・・・sweat02

なんにしても走行会で無茶して転んだりしないようにセルフコントロールせねばthink
それと三十路越えの馬鹿ライダーとして何かインパクトがある事をしてみようかと・・・flair

人気ブログランキングへエントリー中catface

| | コメント (1) | トラックバック (1)