モータースポーツ

2013年5月31日 (金)

ただいま勉強中!

はい、テンションあがりっぱなしの中での更新DEATH catface

この動画作成に使ったソフト… DashWareという海外製のソフトを使ってGPSのログデータを埋め込んでみましたcatface

動画内のテレメトリはGPSLoggerのQSTARZのLT-Q6000からのデータを使用しているのですが、このブログでLT-Q6000のネタを書いた昨年12月に台湾のメーカーさんからメールをいただきまして…
「より良い製品にしたいので要望や使い方で解らない事があればメールを下さい」との事でした。

実際に何度かメールのやりとりをさせてもらったのですが、そのQSTARZのご担当者さんから教えていただいたのがこのDashWareと言うソフトshine

教えていただいた時はGPSのデータとLINKさせる走行動画もなかったので何も着手しなかったのですが、先日のSPA直入でのスポーツ走行でLT-Q6000の精度はかなり高い事が確認出来たのでいろいろやってみたくなりまして動画へのデータ埋め込みに着手think

DashWareのHPを見てみたところ、海外のメーカーさんなので当然全て英語…sweat02  中学生レベルの英語すら怪しいTRUEが読める訳ないのですが、意味のわかる単語を拾っていくとLT-Q6000ユーザーは10ドルの値引きがあると…
その為にQSTARZにLT-Q6000のシリアルナンバーをメールして値引きコードを発行してもらいなさいとの事でした。

早速QSTRAZにコードを発行してもらい、DashWareを即購入。
購入後に気付いたのですが、ソフト自体は無料でDL出来て、課金する事により全ての機能が使えるようになるみたいsweat02

インストール後、全ての機能を解放する為にDashWareのシリアルナンバーを入力しソフトを起動…

64bit版Windows8の環境下で問題なく起動しましたflair
ただネイティブで64bit対応してないようなのでx86での動作になります

無事に起動したものの、ここからが地味に大変だった…

このDashWare… 当然オール英語表記sweat02  UIはフレンドリーな設計だったので直感的な操作でなんとか触れるものの色々わからないdown

動画の取り込みが完了し、GPSデータを取り込もうとしてもLT-Q6000のログデータが読み込めない… 何度やってもエラーメッセージが出てしまうorz

GPSのログを読み込んでるのに「このビデオデータは…」云々的なエラーメッセージが…

GPSのログ読んでるのになんでビデオデータやねんannoy


軽くイラっとしつつも、そもそも読み込もうとしている元データが正しいデータなのかすらわからない状態…sweat01

いきなり行き詰まり、頭をひねりながらあちこちのボタンをポチポチポチポチポチ………

そんな試行錯誤の中、GPSデータとして読み込み可能なファイル形式にcsvがあったのを思い出し、

もしかして何か変換しなきゃならないのか??

と思い、LT-Q6000付属ソフトのQRacingを起動

Qracingをいろいろ確認してるとエクスポートの表記発見flair   そこから埋め込みたいログデータを選択しcsv形式で出力

出力されたデータをDashWareに読み込んだら画面上にGPSのログが表示されましたnote

あとは動画とログデータのシンクロ作業…  が、ここでも大ハマりdowndowndown

なんどやってもうまくシンクロ出来ない… いくら調整しても動画とログにズレが発生してしまうsweat02


フルHDの動画が重くて、処理が追いついてないのか??

なんて思いつつ、PCのステータスを確認してもCPUもメモリも処理落ちするような使用率ではない…

バグか??
なんだこのソフト…使えねぇじゃね~か!!!annoy

と思いつつ、シンクロさせた動画のプレビューを確認していると動画ではピットインしてるのにGPSデータの方は2コーナーを走ってる

シンクロさせる周回を間違ってましたorz

こんなしょうもないミスで悪態ついてごめんなさいsweat01sweat01sweat01

シンクロさせる起点となるポイントもいろいろ試しましたが、ホームストレートの最高速に達したタイミングで合わせるのが一番簡単ですねflair

動画を単独再生させ、ブレーキング前のエンジン音が一番高くなるトコが動画上で最高速度に達した地点になりますので、そこで一時停止。
続いて同一周回のログデータのスピード表示を目で追っていき、最高速になるタイミングでログデータも一時停止。
ここでシンクロボタンを押せば同期完了good

プレビュー画面で確認してもズレもなくバッチリシンクロしてましたnote

あとはテレメトリデータがオーバーレイされた動画を書き出すだけ…

ここで衝撃的な光景が… 5分そこそこの動画を書き出すのに要する予想時間…8分sweat01

今まで動画をエンコードして再生時間よりエンコード時間が長くなった事なんてなかったのにと思ってPCのステータスを確認したところi7の8つのコアが軒並み90%超えの使用率sweat01sweat01

このPCを買ってこんなにCPUが動いているのって初めて見ましたbearing

このソフトめっちゃ重いんじゃ…?」なんて思ったのですが、書き出した動画は1920/1080の60fps… フルHDサイズの動画を秒間60フレームで書き出した事などなかったので、これはしょうがないのかも…think

書き出す動画の画質を下げればもっとサクサク書き出せるのかも知れないので次回にでも試してみよう。

今回作成した動画はDashwareをサっと触って簡単に出来そうな事だけをやってみました。

テレメトリ表示のデザインや他の情報も載せれるのですが、情報表示の設定周りでわからない事だらけなのでもっと勉強しなきゃな…sweat01

| | コメント (3)

2013年5月30日 (木)

やべぇwwwwwwww

ヤベッ…  なんかテンション上がってきた

| | コメント (3)

2013年5月29日 (水)

結構使えるヤツかも♪

はい、ちょっとしたネタでの更新DEATH catface

昨年、12月に購入した

0ltq6000
QSTARZ GPSラップタイマー
LT-Q6000

これを愛機600RRに取り付け先日のSPA直入でデータ取りをしてみましたdash

SPA直入はQSTARZの公式サイトにもサーキットデータがないので計測ライン(ビーコン)はユーザー設定で作成しました。
アウトラップからホームストレートに戻ってきた際にイン側ピットフォール側を60km/hくらいのスピードで徐行。
コントロールラインを通るタイミングで本体のビーコン作成のボタンをポチっと押下。

このビーコン設定はボタンを押したポイントで架空のラインを引いて機能でして、ユーザー側で任意の計測ポイントを作る事が出来ます。
スタート/ゴール地点の設定だけでなく、区間タイムを計測する為のスプリットも設定出来ます。

まだ勉強中なので今回はスプリットは設定せずにLAP計測だけをするように設定してみました。

ここからはTRUEの想像なのですが、このビーコン設定は下図(エクセルで適当に描いたんで見栄えについてはスルーして下さい)


Becon1


ビーコンの設定ポイントで車両の進行方向に対し、垂直に線を引く(ビーコン10m設定の場合左右に5mづつ)っぽいので、下図のように

Becon2

車両の進行方向がコースに対し垂直でないと計測の為の架空のラインも斜めになってしまうのではないかと… こうなるとビーコンを通過するラインで計測誤差が発生してしまう(?)
タイム計測の精度を上げる為には、コースに対し車両の進行方向を垂直にし、ビーコン設定するのが良さそうですthink

今回の走行ではサーキットから借りる計測器もレンタルし、2つのデータを比べてみました
とても公開出来る様な結果ではないのですが、ここは恥を忍んで…bearing

アウトラップやインラップ、コースアウトしてしまった周のデータは削除しています
(ピットウォールにそって計測ポイントを作成したのでインラップのデータは計測出来ています)



20130524

当然、バラつきはあるもの計測結果の差の平均

0.009秒
(LT-Q6000の方が遅い表示)

たまたまかも知れないけど、平均値で9/1000秒sign01  約1/100秒ですよsign03
TRUEの様な下手っぴが使う分には充分過ぎる精度ですわsweat01

PCでデータを確認すれば加減速などの走行軌跡も追えますし、LAPでの最高速度なども確認出来るthink
走行後に自宅に帰って、車載カメラの映像とデータを見ながら自分の走りを確認出来るのは便利ですねshine

サーキットで速くなるには練習するしかないのだけど、こういった視点で自分を分析し次の走行に繋げられればカッコいいんだけどなぁ…coldsweats01

| | コメント (3)

2013年3月18日 (月)

ホンダに期待!!

はい、本日の更新DEATH catface

昨日開幕した2013シーズンのF1グランプリ
予選7位のライコネンがピット戦略を駆使し優勝sign01 なかなか熱い展開でしたup

そんな中飛び込んできたYahooニュース

ホンダ F1復帰へエンジン開発

なんでも15年からのエンジン供給を目標に開発着手との事。
完全に決定というわけではなさそうだけどホンダの第4期F1参戦がかなり現実味を帯びてきましたねnote

で、来年からレギュレーションで変更されるエンジンの仕様…

1600ccV6ターボ

F1マシンに載せるこの仕様のターボエンジン… やっぱ1,000馬力くらい搾り出してくるんだろうか…

なんて思っていたのですがいろいろ調べてみると新レギュレーションでは燃費が目標になる為550~600馬力に抑えられるのではと…
エンジンの回転数も現状の18,000rpmから15,000rpmに引き下げ、これを後述のERSで補う形になるとの事…

確定ではないようですが2014年シーズンの技術規定

・1.6L V型6気筒ターボエンジンに統一。

・運動エネルギー回生システム (KERS) は新たにエネルギー回生システム (ERS) と呼ばれる。
 ・出力は60kWhから120kWhに引き上げ。
 ・使用可能時間は1周あたり6.6秒から8.4秒に延長。
 ・ピットレーン走行時はエンジンを停止し、ERSのみで走行する予定であったが、後に延期となった。
・コクピット内にエンジンスターターの装着を義務化。
・セミオートマチックギアボックスは7速から8速に変更。
 ・あらかじめ使用するギアレシオを申告する(レースごとの変更不可)。ただし、シーズン中1回のみ変更が認められる。

かなり大きなレギュレーション変更になるみたいですね

KERSがERSにって事だけどERSは「アーズ(アース)」みたいに呼称するのか「イーアールエス」って呼称するのか…
後者だと可変リアウィング「DRS(ディーアルーエス)」と発音が似てくる為、ちょいとややこしい事になりそうだsweat01

ピットレーン走行時はエンジンを停止し、ERSのみで走行の改定が延期になったのは現状においてあまりメリットがないからでしょうか?
給油が出来ない現F1においてピット作業中にエンジンを切る事に得られる安全性より、ほぼ無音状態でピットレーンをマシンが走行する危険性の方が問題視されたのかなぁ?
このレギュレーションが採用される時はERS作動時は搭載スピーカーから音を出すとかになりそうな気が?w
なんにしてピットレーンでマシンのエンジン音がなくなるのは断固反対sign03  やはり内燃機関のエンジン音はサーキットにおいて重要なファクターだと思うthink

コクピット内にエンジンスターターの装着義務ってありますが、これってERSのモーターを有効に使おうぜって事なんでしょうかねぇ?

ギアレシオのレース毎の変更不可って良いですねflair
エンジンの出力特性とマシンのバランスが重要になるので、下位チームでも中低速コーナーが多いサーキットなら上位に食い込めるとかいった事もありえそうな気が…
こんな事が頻発すると熱いシーズンになるんだけどなぁ

しかし、このエンジンの基本設計をデチューンしながら市販車レベルにフィードバックさせて8,500rpmくらいをレブリミッターに300馬力dash
5ナンバーサイズの軽量ボディでFR車を作ってくれないかしらgawk

| | コメント (2)

2012年12月 3日 (月)

スペックは充分なんだから・・・

はい、本日の更新DEATH catface

先日よりモニターをさせてもらってる

0ltq6000
QSTARZ GPSラップタイマー カラー
詳細はコチラから

の件で昨日のブログでネタにした

メーカーHPのwebチラシの商品機能の紹介欄に

・お好みにより複数の選択肢にて(カウントダウン/プッシュ アンド ゴー/ G-センサー感知)スタートを設定出来る

とあるのですが、ここの設定変更の項目がどうにも見つからない…sweat02



上記についていろいろと調べてみたところ

カウントダウン&プッシュアンドゴーなどのスタート設定の変更は不可


との結論gawk

カウントダウンによる計測スタートの流れは過去のファームウェアで採用されていた方式らしい…
2012/12/3時点での最近ファームウェアであるVer1.01.00にアップデートしたタイミングでカウントダウン方式は廃止され、G検知でのスタートになったとの事…

この誤表記(紛らわしい表記)をいつまでの残しておくのはメーカーとしてマズいと思うのですが…JAROさんが動いたら

アウトぉぉぉぉ!!good

になりそうsweat02
基本的に良い製品なのでこんなトコで「なんだかなぁ…」って評価を落とすのはもったいないですよ~catface

ただ過去に採用されてた形式を削除する必要はなかったと思うのですが…
むしろこの計測方式を残した上でG検知計測とのハイブリッド仕様で良かったのに


カウントダウン 3 ⇒ 2 ⇒ 1 ⇒ GO!

で計測開始。 

GO!のサインを表示後にGを検知するまでのタイムを表示

GO!の表示前にGを検知すれば液晶のバックライトを赤で点滅させながら「JUMP START!!」を表示しタイムは計測しない

この流れで計測出来ればドラッグレースにおけるリアクションタイムまで把握出来るので一層素晴らしい製品になるのに・・・この製品のスペックがあればこんな事も充分に可能だと思うんですがねぇgawk
ただメーカーさんが台湾なのでTRUEの声はどう頑張っても届きそうにないです…sweat02

| | コメント (0)

2012年12月 2日 (日)

買えるのか、オイ!?

はい、本日の更新DEATH catface

先日よりモニターをさせてもらってる

0ltq6000
QSTARZ GPSラップタイマー カラー
詳細はコチラから

なんですが、メーカーHPのwebチラシの商品機能の紹介欄に

・お好みにより複数の選択肢にて(カウントダウン/プッシュ アンド ゴー/ G-センサー感知)スタートを設定出来る

とあるのですが、ここの設定変更の項目がどうにも見つからない…sweat02
マニュアル見てもここの記載が内容な気が… プッシュアンドゴーはいいとしてカウントダウンでのスタートを試してみたいのですが、どこで設定変更出来るんだろcoldsweats02

TRUEが単純なトコを見落としてるのか、実は機能として実装されてないのか… なんだかモヤモヤするbearing

いろいろ仕様確認してみるとGセンサー感知のサイクルは毎秒20回らしいthink
先日のブログで書いたドラッグモードでの加速G検知による計測スタートの仕様ですが最大で0.05秒の誤差が発生することになりますね。
ドラッグのプロユースにおける0.05秒の誤差ってどうなんだろ・・・?

なんでも来年の1月20日までキャンペーンをやっているらしく本体セット+車載固定用アタッチメントのセットで通常48,800円のトコ42,000円のキャンペーン価格になってるらしい




Photo
今 買わねー
  バカがいるかよ!!




と人にビンタまでして言える程ではないけど、サーキットならどこでもラップショット変わりに使えるし、セクター設定を自分ですれば細かい分析も可能flair
う~ん、買っちゃおうかなぁ…coldsweats01

なんにしてもラップショットの購入を検討されている方であれば買いなアイテムだと思いますshine

| | コメント (0)

2012年11月30日 (金)

1億は集まった!後は……

はい、本日の更新DEATH catface


このところちょくちょくYahooのトピックスにも取り上げられている小林可夢偉の来季シート獲得の為の募金額… 昨日の時点で

1億超え!

これは素直に凄い! ミニマム1万円からの募金とは言えとんでもない額が短期間で集まっていますねsweat01

確かに今年の日本グランプリでの走りを見ても可夢緯はもっと上を狙えると期待出来る空気感がありますもんbearing


しかし、1億ですよ? 1億!!  F1ファンの人達から(そうじゃない方もいらっしゃるかもですが…)の募金でこれだけのお金を集める事が出来ると言うことはそれだけ可夢緯が注目されていて期待出来るドライバーって事じゃないですか。

ここらで日本企業のどこかがスポンサーに手を挙げてくれないかしら?

今年から地上波で放送されなくなっているからTVメディアによる宣伝効果は少ないかも知れないけど、日本人がF1で表彰台のてっぺんに立つという夢に投資してくれる企業はないものか…
SOFTBANKさんとかダメかなぁ… 可夢緯を登場させるCMとかも作り易そうだけど…



F1中継を見ながら 可夢緯に声援を送る白戸家の人達・・・

お父さん:「いけー 可夢緯!! スピードで負けるなぁぁぁ!」

お母さん:「F1ってすごいスピードで走るのね・・・」

予想GUY:「世界一速い自動車のレースですからね」

上戸:「速いと言えば、ソフトバンクのLTEも速いのよ?」

[テロップ]

ソフトバンクはLTEでの業界最速を目指します!




Softbank_lte_2

ロゴ表示にてCM終了



ほら、こんな感じですぐにでもCM作れそうじゃないです?

ま、こんな妄想は置いといて本当にどこか企業が手を挙げてくれる事を切に願いますthink

| | コメント (2)

2012年11月29日 (木)

LT-Q6000を試してみた

はい、本日の更新DEATH catface

アドバンテージ九州さんからお預かりしている

0ltq6000
QSTARZ GPSラップタイマー カラー
詳細はコチラから



さっそく通勤快速号であるPCXに取り付けてみました

Dsc_0349

ホントはハンドルクランプの間に取り付けたかったのですが、クランプを外さないとアタッチメントを取り付けられなかったのでやっつけ仕事でミラーに取り付けてみましたcatface

Dsc_0350

このラップタイマー、液晶画面がかなり見やすいですねflair
バックライトが明るく、液晶自体がかなりキレイなので視認性は抜群ですgood
ラップショットとかだと液晶にバックライトがないので天気次第で液晶が見辛かったりするのですが、LT-Q6000だとどんな環境下でも問題なさそうshine

ちなみに夜だと

Dsc_0347

こんな感じですdash

電源投入からのGPSの衛星捕捉はかなり短時間で完了しますsign01

以前、購入したGPSデータロガー

Photomate887
GPSロガー PhotoMate887

なかなか面白い商品ではあったのですが、衛星捕捉までに時間がかかるのと使い勝手に問題が…サーキットでのログを取得するには本体のファームウェアを非公式のものに書き換えたり、ログを取得していたつもりが取れてなかったりとイマイチ感が…sweat02

LT-Q6000だと本体に液晶が付いているので衛星の捕捉状況の詳細もリアルタイムで確認出来ますし、日本語対応もしてくれていますのでとてもユーザーフレンドリーな仕様になっていますup
ただメーカーさんのHPやマニュアルの日本語にはちょいと難がありまして… 海外仕様のマニュアルを直訳しただけのような記述がチラホラ・・・sweat02

そんな訳で車両への取り付けもとりあえず完了し、真っ先にモニターしないといけないドラッグモードを試してみましたcatface

計測開始の方法として

・カウントダウン
・プッシュ&ゴー
・Gセンサー検知

の3種類が選べるのですが、製品の良し悪しを知りたいので計測に関し最もハード性能に依存するであろうGセンサー検知を選択。

Gセンサーで加速Gを検知し、計測スタートという流れとの事ですがこの計測開始の判定のプログラミングがなかなかイイ感じshine

1、センサーがGを感知

2、GPS座標とリンク

3、Gを継続感知

4、GPS座標に差異が発生

2~4をループ処理

最初のG感知からの経過タイムを液晶モニタへ出力開始



こんな処理が内部で行われているっぽい?

この様な処理が実際に行われているとすれば、この計測開始判定の演算はかなり高速のサイクルでモニタリング&処理されてるような気がします。
ログを取る際のサイクルは1秒に10回ですが、これはメモリにログを書き込む為の書き込みスピードの仕様限界でGPS衛星のリアルタイムモニタリングだけならもっと速いサイクルで行われているのではなかろうかと…

ま、素人がプログラミングについて考察してもあまり意味がないのでこの辺で考えるのを止めますが、パッと見の精度は高そうですcoldsweats01

測定結果は当然

Dsc_0353
この様な感じで本体液晶で確認出来ますeye

ライダーの力量に問われる要因が少ないスクーターでの全開加速…同じ様に計測するとタイムがほぼ揃うハズ。
実際、この環境下で7本目と8本本目においてのタイム差は約0.03秒sign03
この結果だけを見ると精度はかなり高い様に思えます
ドラッグでのタイム確認に使うだけでなく、スクーターの駆動系セッティングなんかにも重宝出来そうですflair

先ずはさらっと触っただけのレポートですが、

次はサーキット走行を前提としたサーキットレースモードを試してみようcatface


追記
後日、サーキット走行においてサーキット貸し出しの計測器とLT-Q6000での計測結果を比較してみました 
コチラをクリックでその詳細へジャンプ


ってか、これをアドバンテージ九州さんに返却する際、本体じゃなく商品代金を持って行きそうだsweat01

| | コメント (3)

2012年11月28日 (水)

モニター開始!

はい、久しぶりのバイクネタでの更新DEATH catface

なんか気付いたらこのブログのPVが100万を突破しておりましたsweat01

全く更新しない&内容もない様なブログを読んで下さっている皆様に感謝感謝ですsign01


さて本題・・・先日、数ヶ月ぶりにアドバンテージ九州さんにお邪魔しまして、近況報告や今後の事などをいろいろと相談させていただいたのですが、お店にあったチラシがふとTRUEの目に入りまして…


0ltq6000
QSTARZ GPSラップタイマー カラー
詳細はコチラから

何気なしにチラシを読んでいるとなんだかよさげな商品でして… そんなTRUEにアドバンテージ九州の社長様・・・


それ現物あるよ~! 見る?


実際の製品を見せていただき、マニュアルを読んでみるとなかなか楽しそうじゃないですかshine

目をキラキラさせながらマニュアルを読んでいるTRUEに社長様からさらなる追い打ちが・・・


その使い方のな~んにも読んでないから判らんのよ~
製品モニターとして持って帰ってイイから、いろいろ遊んでみて使い方を教えてよ!



と…  このラップタイマーにはドラッグモードなるものがあり、社長様的にこの機能がどんなもんか知りたいとの事で…


断る理由など微塵もないので製品を丸ごとお預かりしてきましたnote

この製品…精度や使い勝手によってはラップショットいらずになるんじゃなかろうか…?

| | コメント (0)

2012年7月29日 (日)

熱かったよ!

はい、本日の更新DEATH catface

今日は

8h00
鈴鹿8時間耐久レース


何も予定の入っていない日曜日だったのでケーブルTVのPPVでの放送で視聴しようかと思っていたらTRUEの自室のCATVでPPVは見れないとの事実が判明・・・

なんとか見る方法がないかと調べていたらスカパーオンデマンドなるものでPC・スマホ・タブレットなどで視聴する事が出来ると知り、即効で課金してしまいましたshine

PCで視聴したのですが、少しでも気分を盛り上げる為にこんな環境で見てましたnote



8h


こんな環境で8耐観戦もなかなか良いモンですな

左がLIVE中継の画面
右上の黒い画面がユーストリームで配信されてたラップモニタ
再下面にあるのが2ちゃんねるの8耐実況スレ



634ハルク・プロに勝ってもらいたく、モニタの前で応援させてもらっていたのですが


8h01
熱いバトルのなかで130Rで転倒した中須賀選手を見た時はリアルに「うぉぉぉ〜」と叫んでしまったdown
やはり地元出身のトップライダー中須賀選手はチーム云々でなくライダーとして応援したくなりますもんねbearing





そんなこんなでレースも終盤に差し掛かろうかという時にライブ配信の画面に衝撃映像が・・・




8h02
清成選手が転倒&マシン炎上

すぐにコース外に退避した清成選手が映し出されたので安心しましたが、かなり危なかったっぽい
火を纏いながら滑走するマシンのすぐ横を清成選手も滑っていたので、一歩間違えれば大惨事に・・・   本当に無事で良かったsweat01

この転倒でハルクはリタイヤだと思っていたら、2ちゃんねるの実況スレで清成選手がマシンを押してピットに戻っているとのレスが・・・




8h03

この状態のマシンをピットまで押して戻った清成選手のスピリッツに感動crying


その後、
8h06
炎上したマシンを修復し、再度コースに送り出した時は涙が出そうになりましたわ・・・



ライブ配信を見直していて気付いたんですが、コニー発見sign01





8h_2


8h01_2

再コースインの様子を写真撮ってましたcamera
ブログに使う写真なんでしょうねsmile


ラスト20分の3位争いがこれまた熱かったsign03
コースも暗くなりライトを頼りに走行するなかでのあのドッグファイトはマジでシビれましたbearing


課金する前は

視聴に3,150円とかボッタクりやがってannoy

とか思っていましたが、レースが終わる頃には「課金して良かった」と思ってるTRUEがいましたcoldsweats01

でも、やはり一度は8耐を生で観戦してみたいなぁ・・・
「来年こそはsign01」と毎年思ってるんだけど、来年も行けなかったら課金してPCで見よcatface

| | コメント (0)

より以前の記事一覧